調理器具は手の延長・トップページ > フライパン > 加工フライパンの手入れ方法

加工フライパンの手入れ方法

こびりつき加工されたフライパンの手入れのコツ

こびりつき防止加工がされているフライパンは、弱火から中火で使用して特にそのすべりの良さを利用して料理をすることができるのが大きなメリットです。

一般的に加工がされているフライパンは高熱に弱く、中でも特にフッ素樹脂加工がされているフライパンは、高温での使用や空焚きをしないようにします。

使用後は台所用の洗剤をスポンジに含ませて、お湯で洗うと言うことです。もちろん金たわしなどの表面を傷つける恐れがあるものは使用しません。

ですから、調理中もなるべく金属製のターナーやフライ返しを使用せず、木べらやシリコンなどの材質のものを使い、表面の加工が長持ちするようにしたいところです。

もちろんセラミックや多層構造のフライパンで金属へらが使用可能なものもありますが。

また、乾燥のために空焚きをすることも良くないので、キッチンペーパーなどで拭いて水気を取るようにします。

ちなみに、こびりつき加工がされているフライパンが十分に温まったかを確かめる方法があります。なべ底に水をはって沸騰したら捨てて再度火にかけます。すると大体フライパンは100度くらいになります。

また、加工の取れてしまったものは寿命と言うことなんですが・・・。わたしは、汁気の多い煮物料理や炒め物、また、やや大き目のフライパンでしたら素麺やそば、パスタなど麺類を茹でたりと言うことで再利用しています。

また、いまは鉄製のフライパンでも様々な加工がされているものがあります。鉄製フライパンの場合は研磨などをして再度油でならせば、再生をすることが可能です。

☆おすすめ 【こびりつき加工がされているフライパン】☆

【テレビショッピング放映中】送料無料&ポイント10倍★アルテンバッハ(ALTENBACH) ステンレスフライパン 4点セット【3月中旬のお届け予定】




価格:9,800円
(2013/3/3 18:27時点)
感想(9件)

ruhru(ルール)健康フライパン 28cm

ruhru(ルール)は、数十年間、ドイツを始めヨーロッパ全地域で最高料理場用品として認められた世界最高ブランドです。フライパン表面にダイヤモンドとチタンのダブルコーティングを施しています。

価格:19,800円





Pick Up
油こし器 コスロンフィルター67個セット『レッド』 油こし器 コスロン
調理後の油、何とかしたい コスロンなら使い方簡単 フィルターをセットして油を入れるだけで いつもきれいな油で気持ちよく使用でき 継ぎ足して捨てずに繰り返し使えて 経済的。




▲PageTopへ戻る