調理器具は手の延長・トップページ > いろいろな調理器具 > キッチンばさみの使い方、手入れ方法、選び方 > キッチンばさみの使い方はアイデア次第

キッチンばさみの使い方、手入れ方法、選び方

キッチンばさみの使い方はアイデア次第

いままで包丁でしていた料理作業をキッチンばさみにかえると、驚くほどはかどることがあります。

わたしもキッチンばさみはもの凄く使っていて、包丁や鍋、フライパンなどに次いで使用頻度が多いキッチン道具のひとつです。

人気料理研究家のケンタロウさんは、著書「ケンタロウと秘密の料理道具箱」の中でキッチンばさみの使い方について…

「しょせん下ごしらえの道具。だからがさつなところがいいところだと思っている。 ホールトマト缶の中身をつぶさなければ活けない時に缶の中にはさみを突っ込んでざくざく切る・・・ がさつに使いこなすのがキッチンばさみの『使いよう』だと想っている・・・」

と言っています。確かにそう言う部分もありますね。

はさみはなんと言っても細かい部分でのコントロールがきくところが魅力です。安全性で考えても、 包丁よりは安全です。とは言っても切れ味の鋭いキッチンばさみの場合はあなどるとケガをすることもありますので注意が必要です。

キッチンばさみにはいろいろな使い方がありますが、これもアイデア次第でもっと多くの使い方があり、ご紹介するのもほんの一部と言う感じがします。

一覧にしましたので参考にしてください。

野菜の帯を切る 当たり前に使用していますね。定番中の定番です。
梱包の袋を切る その通り!手で引きちぎったり、歯で切ってみたり・・・。それは近くにキッチンばさみを置いていないから、と言うか面倒だから・・・。
細ネギを切る 結構包丁だと細かく切るのは大変ですよね。
昆布(乾燥)を切る 乾燥昆布を包丁できるのは熟練の技が必要です。
えびの尾を切る これが包丁だと、なかなか曲者で・・・・。
赤とうがらしを切る 包丁だと割れてばらばらになってしまうんですね。これが・・・。
かにを切る これはもう「はさみ」じゃなきゃ・・・ですよね!
のりを切る 細く、品良く切るのにはやっぱり「はさみ」!
キムチを切る まな板が!キムチ色になってしまいます!
しらたきを切る 包丁だと切れていなくて長かったり・・・しませんか?
乾燥しているまま、「はさみ」で切ると楽ですね。
春雨を切る しらたきと同じですね。
きくらげの石づきを切る これも乾燥していると、包丁では切りずらい!
わかめを切る 「はさみ」だと簡単でしかも大きさのコントロールがききます。
ハムを切る 意外に簡単で便利なんです。
ブロッコリーを小房に切り分ける 包丁だと、先のほうがぼろぼろしてきたりしませんか?
干ししいたけの軸を切る やっぱり乾燥しているので包丁では・・・。
枝豆を枝から切る 手で引きちぎると房が破けたりして大変!
肉や魚を切る ササミの筋や小あじのはらわた取りなど、細かいところは包丁のかわりに使用したいところです。また魚のするどいヒレなども先にはさみで切っておくと安全ですね。

キッチンばさみは刃物として手入れし、刃物として選ぶ >>>





Pick Up
油こし器 コスロンフィルター67個セット『レッド』 油こし器 コスロン
調理後の油、何とかしたい コスロンなら使い方簡単 フィルターをセットして油を入れるだけで いつもきれいな油で気持ちよく使用でき 継ぎ足して捨てずに繰り返し使えて 経済的。




▲PageTopへ戻る