調理器具は手の延長・トップページ > いろいろな調理器具 > まな板の選び方と手入れ > 木製とプラスチック製、それぞれに手入れ方法が違います

まな板の選び方と手入れ

木製とプラスチック製、それぞれに手入れ方法が違います

木製のまな板とプラスチック製のまな板では手入れ方法が違います。

まず、木製のまな板の手入れ方法です。

木製のまな板は使用後すぐに洗うことが大切です。

調理中であれば流水でサッとながして、調理が一段落したらたわしでこすり洗いをします。洗剤をつけたスポンジで洗ってもよいのですが、洗剤を使用しないでたわしでこすった方が快適に使えます。

また洗ったらサッと布巾で水分を取り、水はけがよいように木目を縦にして置き、通気の良いところで陰干しにします。

また、最後に熱湯をかけると渇きが速くなります。

さらに魚を調理した後は、塩や酢で洗うと生臭さが取れます。もし黒ずんできたら漂白剤につけて一晩置いてもよいですが、その部分を少し削るのも綺麗になるひとつの方法です。

次に、プラスチック製のまな板の手入れ方法です。

プラスチック製のまな板は台所用洗剤をスポンジにつけて水洗いするのが基本です。

木製のまな板と同じように黒ずんできたら、塩素系漂白剤につけて洗います。また食器洗い機を毎日利用している方であれば、食器と一緒に洗うと言う手もあります。

まな板は食中毒の2次感染を起こしやすい調理器具です。特に食中毒の発生しやすい時期には十分な注意が必要です。

東京都の暮らしに役立つ食品衛生というサイトで、木製まな板、プラスチック製まな板に分けて手入れの注意点がまとめてありましたので、それを引用させていただきますので参考にしてください。
(東京都・暮らしに役立つ食品衛生HPより)

木製まな板 木製のまな板は、細くて深い包丁傷ができるので
毎日の手入れで徹底的な洗浄と殺菌
をするとともに、たびたび表面を削らなくてはなりません。
プラスチック・ゴム製まな板 プラスチックやゴム製のまな板は比較的包丁傷が浅いので
フキンと塩素系の漂白剤で殺菌パック
すると効果的に消毒ます。
その他の注意 加熱済み食品用と未加熱食材の下ごしらえ用のまな板は別のものを使います。
食材をかえるごとにまな板に熱湯を十分にかけて消毒
しましょう。
最近抗菌をうたったまな板も販売されていますが
「殺菌」されるわけではないので、過信は禁物
です。「抗菌」のものを使っていても、お手入れの方法は同じように行ってください。

<<< まな板の選び方





Pick Up
油こし器 コスロンフィルター67個セット『レッド』 油こし器 コスロン
調理後の油、何とかしたい コスロンなら使い方簡単 フィルターをセットして油を入れるだけで いつもきれいな油で気持ちよく使用でき 継ぎ足して捨てずに繰り返し使えて 経済的。




▲PageTopへ戻る