調理器具は手の延長・トップページ > いろいろな調理器具 > まな板の選び方と手入れ > まな板の選び方は2つにひとつ、木製か?プラスチックか?

まな板の選び方と手入れ

まな板の選び方は2つにひとつ、木製か?プラスチックか?

包丁とは切っても切れない相棒がまな板です。

まな板の「まな」は「真菜」と言うことだそうです。これは肉や魚を指す「主菜」のことで、それを料理する板なので「真菜(まな)板」と言うのが語源だそうです。

今は木製のまな板だけではなく材質的な種類にもバリエーションがあります。プラスチック合成ゴム大理石ガラスとさまざま・・・。特にプラスチックはポリエチレン製が多く使われていて、最近は抗菌まな板が主流となっています。

しかしまな板を選ぶ場合は、基本的には木製かプラスチックかの2つにひとつの選択になります。

木製のまな板か?プラスチック製のまな板か?

木製のまな板といっても、1枚の木材で出来ている一枚板のものと複数の木材をあわせて造る合板があります。

木材自体はまな板になっても生きていますので常に水分の吸収と乾燥を繰り返しています。

一枚板の場合はこの吸収と乾燥が自然でスムーズに行われているのですが、合板の場合はそれぞれの木によって吸収と乾燥が違うので何年も使用するうちに、割れたりする場合があります。また一枚板よりも重くなるのが一般的です。

Power of the Wood ヒノキのまな板 A型

  国産ひのきの大木から切り出した一枚板のまな板

木製のまな板は使用されている木材がほどよい柔らかさを持っているので、包丁の刃と腕にかかる負担が少ないと言われています。

その反面、手入れが少し大変で、よく洗うこととしっかり乾燥させることが大切です。

木製のまな板の場合は、木の種類でも選択肢が増えます。まな板によく使用されている木材は、ひのき、柳、いちょう、ほお、とちなど多くの種類があるからです。


ひのきのまな板は防虫効果と殺菌効果があると言われています。いちょうのまな板や柳のまな板は、繊維に柔らかさがあるので包丁の刃を痛めることが軽減されます。もちろん柔らかい分、腕への負担も軽くなりますね。

また木製のまな板を選択する場合は、その木材が薬剤処理などがされていないかどうか一応確認をする必要があります。しかしなかなか解りにくいところですから、販売メーカーへの信頼度を見極めることが必要です。

トンボ Ag抗菌 耐熱まな板 LL AMNF901

  抗菌効果:大腸菌・黄色ブドウ状球菌の減少率99%以上

プラスチック製のまな板は固いので、木製のまな板と比べると包丁や腕への負担が大きくなります。しかしその反面、現在主流になっていたりプロの料理人なども多く使っています。

その理由は衛生面で、漂白剤などでの殺菌が出来たり食器乾燥機で洗浄と乾燥が出来るためです。

また木製のまな板と比べると販売価格も安いですし、サイズや色などバリエーションも豊富で、使い勝手や台所での取り回しも良いですね。


まな板を材質の面で選択すると、木製かプラスチック製の2つにひとつとなりますが、その他の選択としてまな板の場合はその大きさが大切なポイントになります。

使う場所や収納など、台所のスペースに納まる大きさであることがもちろん大切ですが、大きすぎると扱いにくくなるし、小さすぎると作業の効率が悪くなります。

個人的にはやや大きめなものがお薦めです。サイズ的には45cm×20cmくらいは欲しいところです。

Joseph Joseph インデックスまな板 (4枚入り)  

  4枚のまな板を用途によって使い分け

また、可能であれば魚用と肉用を分けて使いたいです。これは臭い移りを防ぐためです。

例えば、右のまな板セットのように色分けなどがされているものがあると便利ですね。

さらに少し小さいまな板も何枚かあると、次々に使いわけができるので作業の効率があがります。


まな板の手入れ方法 >>>





Pick Up
油こし器 コスロンフィルター67個セット『レッド』 油こし器 コスロン
調理後の油、何とかしたい コスロンなら使い方簡単 フィルターをセットして油を入れるだけで いつもきれいな油で気持ちよく使用でき 継ぎ足して捨てずに繰り返し使えて 経済的。




▲PageTopへ戻る