調理器具は手の延長・トップページ > いろいろな調理器具 > ピーラーの使い方、選び方

ピーラーの使い方、選び方

ピーラーで無駄なく野菜の皮むきをする

ピーラーとはご存知の通り皮むき器のことです。当然ですが野菜などの皮を剥く道具。包丁では難しいけれども、ピーラーを使用すれば比較的簡単に剥くことができます。

子どもさんに料理のお手伝いで包丁はちょっと・・・という方もピーラーならば包丁よりは安全にお手伝いが出来ますね。

でもピーラーももちろん刃物です。最大限の注意を払っておかないと事故につながりますのでご注意を。

Myピーラーです!わたしの普段使用しているピーラーは左の写真のものです。

ごく普通のものなのですが、特に右側のピーラーはけっこう使い込んでいます。

左側のピーラーはりんご等の芯を取るものとピーラーが一緒になっています。にんじんやきゅうりなどの皮むきはもちろんですが、じゃがいもの皮むきや芽をとるのに活用しています。最初は使い難かったのですが慣れればかなり使いやすいアイテムです。

にんじんやじゃがいもの皮はもう定番としてピーラーを使用しますが、そのほかにも、かぼちゃ、大根、アスパラガスのはかま取り、と用途は数知れずです。

また、ピーラーを使えば、なんと言っても均一にむけるので無駄がでませんよね。アスパラの根元なんかを包丁でむいていると・・・気がついたら先より細くなってた!・・・なんてことありますよね。

野菜を帯状に切ったり、細く薄く切るのもピーラーならではの切り方です。これと同じ状態にするために包丁を使用するのはほとんど無理です。帯状に切った野菜はまた違った食感が味わえます。特に火を通すと意外な美味しさを発見できます。

基本的に輪切りや、半月切りなどは食材の繊維に対して直角に切っています。それに対して、ピーラーでは繊維に沿って切ることが出来ますので味が染みやすいと言うことです。

包丁を使って野菜の皮などを薄くむくのはそれなりの経験と包丁テクニックが必要だと思います。実際にわたしもなかなか上手にすることが出来ないのでつい頼ってしまします。

とても便利で簡単なピーラーです。プロの料理人もピーラーを薦めているくらいですから・・・。手に馴染んだピーラーは手放せなくなります。

ピーラーのお手入れは、刃自体を研ぐことができませんので台所用洗剤とスポンジでマメに洗ってよく乾燥させることです。

ピーラーは、以前は刃と柄の部分が固定されているものが主流でしたが、現在はほとんどのものが野菜の形状に合わせて刃が動きます。適度に刃が回転するものが使いやすいと思います。あまりにも動きすぎるとかえって使いにくいものです。

その刃の幅も、普通のものから、キャベツの千切りが出来るような広いものまで、いろいろなバリエーションがありますので用途に合わせて選択したいものです。更にフィット感も大切で握りやすそうなものが良いですね。

ののじ トマトピーラーIII TMP-03

  トマトの皮を湯剥きせずに剥くことができます

ピーラーには大きく分けて2種類の形状があります。

ひとつはポピュラーな『T型』。

もうひとつは『I型』。

これはナイフのように横にスライドさせながら剥いて行きます。実際にわたしも使用してみて、特にじゃがいものようにころころしている野菜にはこちらの方が使いやすいです。


でも上手に使用するためには慣れが必要です。慣れれば「T型」よりも効率よく剥くことが出来ます。





Pick Up
油こし器 コスロンフィルター67個セット『レッド』 油こし器 コスロン
調理後の油、何とかしたい コスロンなら使い方簡単 フィルターをセットして油を入れるだけで いつもきれいな油で気持ちよく使用でき 継ぎ足して捨てずに繰り返し使えて 経済的。




▲PageTopへ戻る