調理器具は手の延長・トップページ > いろいろな調理器具 > うろこ取りの使い方、選び方

うろこ取りの使い方、選び方

魚好きであれば絶対に必要なキッチン道具です

魚のうろこを取る方法はいくつかあります。

まずは包丁で取ると言う最もプロらしくまた、技術が必要な方法があります。

出刃包丁でほとんどの魚のうろこを取ることができます。しかし皮まで切ってしまったりと、なかなか難しいですね。プロでも大型の魚には、やはりうろこ取りを使用するそうです。

うろこ取りの極意は『皮を傷つけず、うろこは一枚も残さないこと』。これが難しいのですね。

そこで、うろこ取りの登場となるわけです。

【業務用】 真鍮 ウロコ取り

  柄は天然木製なので握っていても手が痛くなりにくい

基本的に包丁でもうろこ取りでも、尾から頭に向けて動かしてうろこを取るのは同じです。

包丁でうろこを取る場合は、背の方は刃先で腹の方は刃元を使用します。

いずれにしても、魚の表面が乾いていると取りにくいので、まず水で魚を濡らしておくのが良いようです。


うろこ取り以外では、金たわしが使えます。

これはサケ、ブリ、ハマチ、などのうろこの小さい魚に適しています。同時にぬめりも取れるので便利です。ただ、金たわしの細かい金属カスが魚に付くことがありますので、うろこを取った後はしっかり洗いましょう。

そして、TVの裏技で紹介されていたゴムべラを使用する方法。ゴムにうろこがくっついてあまり飛び散らないと言うメリットもあります。でも飛び散ります・・・多少。

それから、大根を使って取る方法。そのまま大根の周りや中にうろこが残ると言う、これも飛び散らない方法です。

飛び散らないと言えば、水の中でうろこを取ると言う方法もあります。また大型のビニール袋の中で取ると言う方法。これは後でまとめて内臓なんかも入れて捨てることが出来るので便利ですね。

魚さばき!便利道具3点また、左の写真はわたしが魚をさばくときに使用している道具です。

真ん中はうろこ取りですが、上の骨抜きと、 わたしの調理道具で一押しの便利道具、キッチンばさみがあれば大変便利です。

特にエラなどのするどい魚は先にはさみで切っておくと安全です。指にチクッと刺さると痛いんです。大型の魚の場合、ニッパー切る、なんて荒業もあるようですが・・・。

ちなみに骨抜きは、挟む面が広くてピッタリとしたものが使いやすいです。

いずれにしても、『極意、うろこは1枚も残さない』 為には、フィニッシュを包丁で決めるのが見た目にも綺麗ですし、また確実です。



うろこ取りの選び方

うろこ取り自体はそんなにバリエーションがありませんので、持ちやすく、力を入れることが簡単そうな感じがするものでOKではないでしょうか。

グリップがしかっりしていたり、ゴムなどで滑りにくくなっているものなどもチェックです。

材質的にはステンレスが錆びなくて良いのではないでしょうか。またうろこが飛び散らないようにカバーがついているような商品もあります。

ウロコトレール

  ウロコが飛び散らない、プロの料理人も絶賛

また右の商品のように、通常のうろこ取りではなくてうろこを簡単に、しかもあまり飛び散らずに取る道具もありますので選択の視野にいてれおきたいところです。

ちなみにわたしも愛用しています。リンク先でレビューをアップしています。






Pick Up
油こし器 コスロンフィルター67個セット『レッド』 油こし器 コスロン
調理後の油、何とかしたい コスロンなら使い方簡単 フィルターをセットして油を入れるだけで いつもきれいな油で気持ちよく使用でき 継ぎ足して捨てずに繰り返し使えて 経済的。




▲PageTopへ戻る