調理器具は手の延長・トップページ > こだわりの調理器具 > お菓子・ケーキ作りの道具

お菓子・ケーキ創りの道具

お菓子・ケーキ創りの道具は、もちろん専門的なものもあるのですが、そんなに頻繁に創りませんよね。ですから日々の料理創りの中に上手く取り入れると、実は結構便利な道具が結構あります。その意味も含めまして、いろいろなお菓子・ケーキ創りの道具をご紹介いたします。

My・お菓子・ケーキ道具です!My・お菓子・ケーキ道具です!わたしが使用しているお菓子・ケーキ創りの道具です。ハンドミキサー・裏ごし器ふるい・ ホームシフター・ゴムべラ・カード・など普通のものです・・・。



お菓子・ケーキ創りは奥が深い!

素直にお菓子・ケーキ創りは奥が深いと思います。また難しいと思います

もちろん普通の料理も奥が深く難しいのですが、特にそう思います。また道具もいろいろとありますが、もちろん専門的なものもありますが、普通の料理に使っても便利な物はたくさんあります。

お菓子はお菓子用で使用したい!と言うこだわりはもちろん必要だと思いますが、わたしのように年に1回作るかどうかと言うものにとっては、やっぱりいろいろな料理に使用したいところです。

そうです!料理の上達は経験が大きいです。考えてみればお菓子やケーキも同じですね。

年に1回くらいでは上達しないのは当たり前ですね・・・。もう少しこの分野についても、勉強をしていきたいと実は思っています。甘い物は結構好きなんです・・・。

と言うことで、お菓子・ケーキ創りの道具について考えてみました。



何が必要か?

第一に必要だと思うのが、キッチンスケール計量スプーンそして計量カップです。少ない経験から、お菓子・ケーキ創りに最も必要なことは正確な計量だと想いました。その為の道具は必需品ですね。もちろん普通の料理にも使用することが多いので、これは兼用できる物だと思います。

つぎに、泡だて器が必要です。出来れば電気式のハンドミキサーが良いですね。大まかな部分ではハンドミキサーで泡立てて、細かいところでは泡だて器で行います。普通の料理でも、ムース状のものを創る時にはハンドミキサーを使う場合がありますが、そんなに長い時間攪拌することは無いので、大体泡だて器を使用します。もちろんハンドミキサーは食材を粉砕するミキサーの代わりにはなりませんので・・・。また泡だて器はマッシャーの代わりとして、じゃがいもやかぼちゃなどをつぶす時にも使えます。

次に、ボウルです。ボウルはステンレスのものがお菓子・ケーキ作りには最適です。温度を微妙に調節すると言ういみにおいても、大小いくつか用意したいところです。もちろんガラスのボウルやプラスティックでも良いのですが、普通の料理でもステンレスが一番良いようです。TVの料理番組でガラスのボウルを使うのは、あくまでも中を見せるためと言うお話もあります・・・。

温度と言えば温度計も必要ですね。シロップなど沸点の高いものは200℃計が便利です。もちろん普通の料理にも使用します。例えば、肉や魚の下処理としても霜降りは65℃くらいの温度がベストと言われています。そんな時にも使えますよね。

そして、粉をふるうための、裏ごし器ふるいホームシフター。裏ごしふるいはいろいろに出番がありますね。これからおせち料理などでは栗きんとん作りでお世話になります。

さらに木べらゴムべラ。ゴムべラは熱い物に強くないので、あまり熱くない物をまぜる時などに使用しています。木べらはそれこそ炒め物から始まって本当に重宝しています。

またボウルについた生地を集めたり、生地の表面をならすためのカード(スクレイパー)も便利です。わたしは普通の料理でもお菓子用のカードを使っています。まな板の上で切った食材を集めたり、取ったりするのに大変便利です。

あとは、ケーキクーラーや刷毛、パイ生地などを伸ばすための麺棒やのし台などでしょうか。のし台は大理石のものがありますが、これも温度調節の意味で便利です。

さらに絞り袋は、もちろんカスタードクリームやホイップクリームを絞り出すのに使用しますが、例えばピーマンやズッキーニの中にひき肉を詰めたりする場合に使用できます。

と言うことで、実際には普通の料理にも十分使用できる道具がほとんですが、問題は料理の重要な要素のひとつの匂いについてですね。魚や肉の匂いがついたお菓子やケーキはちょっと・・・ですね。

わたしは実際にほとんどのものを兼用しています。ただし、この中で木べらやゴムべラ、刷毛などは臭いが付きやすいものなので専用の物を使うようにしています。後のものはよく洗ってお菓子・ケーキ作りに使用しています。年に1回くらいなので道具たちにもお許しをいただいているつもりです。でも、これからもう少し頻繁に作りたいと思っていますので、多分専用として揃えていきます。



更に必要。専用型!

特にケーキ作りの場合、必ず必要な専用道具として型があります。

基本的なものでまずはスポンジ型。これは丸いスポンジを焼くときに使います。もちろん底板が外れるものが主流です。そしてシフォン型。中心の円筒が熱の伝わりを早めます。シフォンケーキはこれですね。さらにトヨ型。雨どいの形をしていて、出来上がりが半円状になります。その他にも、タルト型、セルクル型、パウンド型、マドレーヌ型、プディング型など。もちろん普通の料理にも使える型はたくさんありますね。

さらに最近は電子レンジを使ってスポンジなどを作るものも多くなってきました。わたしも使用したことはあります。分量と時間さえ注意すればほとんど失敗はないと思います。ただわたしの感じでは、やっぱり焼いてはいないので同じスポンジでも、焼いたための香ばしさや焦げ目など無くて、どちらかと言うと蒸しパンみたいな感じがしました。お好みなんでしょうけれども、やっぱり焼いたものの方が美味しいと思います。個人的には・・・。でもわたしの場合、上手く焼けないんですよね・・・悩みなんですが・・・。

と言うことで、何かいつもの料理作りにはない楽しさがあるお菓子・ケーキ創りですが、これからは、もう少し頑張って回数を多く創ってみたいと思います。もちろん楽しみながら・・・。

>>> ★人気、そしてあると便利な菓子、ケーキ作りの道具★





Pick Up
油こし器 コスロンフィルター67個セット『レッド』 油こし器 コスロン
調理後の油、何とかしたい コスロンなら使い方簡単 フィルターをセットして油を入れるだけで いつもきれいな油で気持ちよく使用でき 継ぎ足して捨てずに繰り返し使えて 経済的。




▲PageTopへ戻る