調理器具は手の延長・トップページ > こだわりの調理器具 > おせち料理作りに便利な調理器具

おせち料理作りに便利な調理器具

おせち料理創り おせち料理を作るときに、何か特別な調理器具が必要かと言うとそうではありません。おせち料理はもともとが家庭料理ですから、普段使いの道具で十分です。

しかし、毎年おせち料理を作っている中で、『あったら便利!』と思うものや、普段あまり使用しなけどこの時とばかりに登場する、大変便利な調理器具があります。

おせち料理作りには、どのような調理器具があったら効率よく作ることができるのでしょうか?



お重に盛付けるだけで気分はお正月モード!

このようなお重もシンプルで良いです。洋風おせち料理に合う市松模様です。
>>> 市松 三段重 黒 KZ2168

まず最初に、おせち料理作りには特別な調理器具は必要ないと話しましたが、それでも盛りつけのためのお重は欲しいですね。

もちろん、お重ではなくて大皿などに盛り付けてもよいのですが、お重に盛りつけをするのにも実はキチンとした由来と理由があるんです。

まずは、おせち料理が本来、正月三ヶ日の保存用料理だと言うことです。いつでもご馳走として出すことができるようにお重に詰めておくわけです。そしてもうひとつは、おせち料理でのお重と言うのは重ねます。これが「幸せが重なる」と縁起が良いと言うわけです。

もちろん、お重に盛り付けるだけでも気分がお正月モードになりますしね。

いろいろなお重がありますが、おせち料理用としては三段重をぜひ使ってください。もちろんすべてのお重に料理を入れるために作るのが理想ですが、一重でも手作りのおせち料理を作ることが大切なことだと思います。

■お重は実にたくさんの種類があります。アマゾン、楽天、ヤフーでそれぞれをリンクしましたので、お好みのお重を探してみてください。

  アマゾンで 『 お重、三段重 』 を探す

  楽天市場で 『 お重、三段重 』 を探す

  Yahoo!ショッピングで 『 お重、三段重 』 を探す



おせち料理は和風だしを多く使います

おせち料理は、基本的に和食なので『だし』を取ることが非常に多いです。

もちろん普段使っている顆粒の出しの素でもよいのですが、やはり年に一度のおせち料理ですから、しっかりと自分で出しを取ることをおススメします。

出来れば、昆布やかつおぶしなどにもこだわりたいところですが、これらはごく普通にスーパーで売っているものでも良いと思います。なぜなら顆粒の出しの素とはまったく違った風合いになることは確かだからです。

しかし、もし可能であればかつおぶしはこりたいところです。削りたてのかつおぶしは風味がまったく違いますので。左のような削り器を使って削りたてのかつおぶしを使って出しを取ると驚くほど出しが美味しくなりますね。

■そうは言っても出しを取るのが少し面倒という方は、こちらの出しポットをおススメします。

野崎洋光 だしポット
TVや雑誌、そして料理本の執筆でも著名な料理人、野崎洋光さんが調理器具メーカーである貝印と一緒に開発した出し専用ポットが『野崎洋光 だしポット』です。出しを引くのに必要な微妙な温度をポットで再現できるように考えられていて、かつおぶしと昆布を入れてお湯を注ぐだけで失敗なく、美味しい出しを引くことができる優れものです。



普段使うときにも大変便利なのがステンレス製のバット

おせち料理作りは、様々な食材を下処理することが多くあります。また基本的には食材をなるべく早く冷やして保存することで、お正月の間、作ったおせち料理が悪くならないようにします。

このような食材の下処理や冷やすときに大変に重宝するのがステンレス製のバッドです。

以前はわたしの場合、大きなお皿などを利用していたのですが、ステンレス製のバットを使うようになって、その便利さを強く感じています。もちろんおせち料理に限らず、普段の料理作りの中でも本当に大活躍するキッチングッズだと思います。

おせち料理では、例えば、魚の焼き物をタレにつけておくときに使ったり、田作りや煮しめなどの粗熱を取るときにバットの上に広げたりしています。

もちろん食材に塩をふったり、こしょうをふったりするときにも使えますし、小麦粉などをふるときにも使えますね。さらにサイズ的には小さいものから大きなものまで複数あるととても便利です。

いろいろなステンレス製バットを探す



その他にもあるおせち料理作りに便利な調理器具

松風や錦卵作りに欠かせないのが流し器です

内側を抜くことができるので、蒸しものも焼きものも型くずれなしに取り出すことができます。あると無いでは仕上がりに大きな差がでますね。

もちろん、寒天やゼリーなどを使ったデザート作りにも重宝します。



だし巻き玉子などのたまご料理を作るときに便利なのが卵焼き用のフライパンです

良くあるのが胴製のフライパンですが、これは鉄製のフライパンと同じでキチンと手入れをすることが必要ですし、火加減もけっこう難しいところがあります。またサラダ油も多く使いますし・・・。

ですから、画像のような多層構造の加工がされているフライパンだと、焦げ付きにくく、くっ付きにくいですね。当然少ない油で焼くことができますのでヘルシーです。

これもまた、普段使いができますからおせち料理以外でも活躍の場は多くあります。



おせち料理には、時間をかけてじっくり煮込んでいく料理がけっこうあります

例えば、黒豆などはわたしの場合6時間くらい煮込みますし、豚の角煮なども同じくらい煮込みます。ですから、時間短縮の意味も込めて真空調理器はなどがあるともの凄く便利ですね。

年末の忙しい中でするのがおせち料理作りですから効率よく作りたいものです。また当然、普段使いでも十分力を発揮すると思います。



おせち料理は多くの種類を作って冷蔵庫で保存をします

ですから冷凍もできて、電子レンジにも使えるコンテナやフリーザーバッグなどは必需品です。

時間を効率よく使うためにも、豚の角煮や昆布巻き、いくらなどの冷凍保存ができるものについては年末ぎりぎりではなくて早めに作って冷凍をしておくとよいですね。

また、かずのこやブリの幽庵焼きなどを漬け汁につけておくのにもコンテナやフリーザーバッグは重宝します。





Pick Up
油こし器 コスロンフィルター67個セット『レッド』 油こし器 コスロン
調理後の油、何とかしたい コスロンなら使い方簡単 フィルターをセットして油を入れるだけで いつもきれいな油で気持ちよく使用でき 継ぎ足して捨てずに繰り返し使えて 経済的。




▲PageTopへ戻る