調理器具は手の延長・トップページ > 調理器具レビュー > iwaki(イワキ)サラダスピナー 1

i w a k i (イワキ)サラダスピナー 1

商品名 iwaki(イワキ)サラダスピナー
製造元 (株)岩城ハウスウエア
材質 ポリプロピレン、エストラマー、耐熱ガラス
購入価格 約2,300円(税込)

*購入価格、また細かいスペックはわたしが購入した時のものです。購入される場合はショップ先の詳細をご覧いただくようにお願い致します。

いろいろな種類のサラダスピナーが発売されています。その中からどのサラダスピナーにしようかと検討した結果、このiwaki(イワキ)サラダスピナーにすることに決めました。

実際にサラダスピナーを購入して、使ってみた感想などをレビューします。

iwaki(イワキ)サラダスピナーを選んだ理由

わたしは野菜が好きで結構サラダなんかを食べるのですが、いつも気になっていたのが野菜を洗った後の水気だったんですね。

サラダスピナーというものがあるのは以前より知っていたのですが、なかなか手にする機会もなっかたのです。

しかしどうしても 『 野菜を美味しく食べたい! 』 という思いからついに買うことにしたのです。


いろいろな種類のサラダスピナーが発売されています。その中からどのサラダスピナーにしようかと検討した結果、このiwaki(イワキ)サラダスピナーにすることに決めました。

その大きな理由がボウルの部分がガラス製であることです。しかもそのガラスボウルがPyrex(パイレックス)の製品で耐熱ガラスだったことなんです。


Pyrex(パイレックス)はご存じの通り、耐熱ガラスやボウルなどで世界的に使用されている調理器具です。

実はこれはアメリカのコーニング社が開発した耐熱ガラスの登録商標なんですね。その品質は折り紙つきですから仮にフタの部分が壊れてしまったとしてもボウルだけでも十分使えるなと・・・そんな風にも思ったのですね。

実際に商品紹介を見てみると、耐熱ボウルをそのままサラダボウルとしてテーブルへ並べてもOKとありましたので。


それで実際の商品をいろいろと調べてみると、どうもPyrex(パイレックス)という名称の他にiwaki(イワキ)という名称がヒットしてくるんですね。

それもそのはずで、iwaki(イワキ)と言う企業はもともと、日本で最初の民間ガラス工場なんですが、 1970年からアメリカコーニンググラスワークスの技術を導入してパイレックス印のガラス製品を開始している企業なんです。

ですから商品自体にPyrex(パイレックス)の名称が無くても、品質的には同じと言えるわけです。

これがiwaki(イワキ)サラダスピナーを購入した理由です。

今回はアマゾンで購入しました

iwaki(イワキ)サラダスピナーを購入するにあたって「どこのお店で通販しようか?」と考えました。最安値を検索していたら実はいちばん安かったのが楽天だったのです。

しかし・・・送料も加味して計算してみたらアマゾンの方が結果として最安値だったんですね。(2012年1月の時点の最安値です)

2,000円〜3,000円くらいの商品を通販で購入する場合は送料や代引き手数料で最安値が変わりますので、これも加味して考えることが必要ですね。

というわけでは今回はアマゾンで購入しました。





Pick Up
油こし器 コスロンフィルター67個セット『レッド』 油こし器 コスロン
調理後の油、何とかしたい コスロンなら使い方簡単 フィルターをセットして油を入れるだけで いつもきれいな油で気持ちよく使用でき 継ぎ足して捨てずに繰り返し使えて 経済的。




▲PageTopへ戻る