調理器具は手の延長・トップページ > 鍋(なべ) > ステンレス多層構造鍋の特徴

ステンレス多層構造鍋の特徴

サビに強くて綺麗で長持ち、ステンレス鍋の特徴とは?

ステンレスの特徴はサビに強く、丈夫で綺麗さが長持ちして、いつまでも美しく保つことができることです。しかし、ステンレスは非常に熱伝導が悪く火を当てるとその部分だけが熱くなるような金属と言う欠点もあります。

それをアルミニウムなどの熱伝導が良い金属とサンドイッチ構造にして一枚の金属盤を造る技術が開発されました。それが現在の主流の多層構造鍋として一躍ポピュラーな鍋に変身をしたと言う訳です。

この高度な圧着方法を開発したのが、有名なビタクラフト社です。

ステンレス多層構造鍋の特徴は極めて熱伝導が高いことです。その為に鍋全体にまんべんなく熱が伝わります。もちろん保温性にも優れていますので、例えば揚げ物でも小量の油で揚げることができます。

さらに蓋が密着するタイプのものは、そのまま無水料理に使えてしかも食材の栄養が流れ出て行かないと言う大きなメリットがあります。現代のヘルシー志向にマッチした特長を持っています。

またステンレス多層構造の鍋の使い方は非常に熱効率が良いので、基本的は中火から弱火で料理をします。

例えば無水料理をするときは、鍋に水を落とすと玉になって転がるまで熱することが基本です。熱のあたりが柔らかいので、葉ものなどを炒めた時に全体にしっとりと仕上がります。揚げ物も少ない油で揚げることができます。

さらに、熱効率を利用して余熱で麺類を茹でたり少ない水や食材だけの水分での無水料理にも向いています。また、煮込む料理でも比較的早く柔らかく仕上ることが出来ます。

値段は比較的高いのですが、それこそ一生ものの鍋と言えますね。





Pick Up
油こし器 コスロンフィルター67個セット『レッド』 油こし器 コスロン
調理後の油、何とかしたい コスロンなら使い方簡単 フィルターをセットして油を入れるだけで いつもきれいな油で気持ちよく使用でき 継ぎ足して捨てずに繰り返し使えて 経済的。




▲PageTopへ戻る