調理器具は手の延長・トップページ > 鍋(なべ) > 『一生もの』の鍋の選び方

『一生もの』の鍋の選び方

材質?大きさ?トータルな鍋選びのポイントとは?

鍋はわが家にもたくさんあって、その時々であいている鍋を使っているのが現状です。ですから『一生もの』の鍋が欲しいところなんですが・・・。

『一生もの』の鍋と言うことで選ぶとすれば、まずは材質での選択があります。鍋の材質にはいろいろな種類がありますが、ここでは大きく3つにわけて考えます。

ひとつはステンレス多層構造の鍋

2つめは鋳物ホーローの鍋

3つめはアルミ鍋です。

ステンレス多層構造鍋の大きな特徴のひとつは、丈夫で長い間綺麗に使うことができるところです。

また、熱伝導率が良いので食材にグルッとまんべんなく強い熱を加えることができます。

さらにビタクラフトなどのステンレス多層構造鍋は、内部を蓋で密閉することができるようになっています。これによって食材の栄養を逃さない無水料理を作ることができます。

ステンレス多層構造鍋の詳しい特徴はこちら

これに対して鋳物ホーロー鍋の大きな特徴のひとつが、 カラーバリエーションが豊富でじっくりと使いこなす楽しみがあることです。

そして保温性に優れていて、なお且つ熱が均一にじっくりと柔らかく食材に伝わるので、素材の旨みを生かした煮込み料理やカレー、シチューなどに最適です。

さらに炊飯や揚げもの、オーブン料理などいろいろな料理作りにも重宝します。また熱の伝わりにムラがなく保温性にも優れています。

鋳物ホーローの鍋の詳しい特徴はこちら

3つめのアルミ鍋の最大の特徴は、軽くて丈夫でさらに比較的安い価格で手に入ることです。

特にその軽さと手軽さは毎日の料理作りに愛用でき、日々の暮らしに溶け込んだ使い方ができます。

熱の伝わりが早いので、例えばお湯なども早く沸きますし、多少汚れても落ちますし、多少へこんだとしてもそれが逆に愛着になったりするのがアルミ鍋です。

アルミ鍋の詳しい特徴はこちら

このように3つの材質を比較してみるとそれぞれに良いところがあります。ですから、どれかひとつ…となるとなかなか選択に迷いますね。

では、次に視点を少し変えて、鍋の大きさと言う面からの選び方について考えてみます。

鍋を大きさで選ぶ >>>





Pick Up
油こし器 コスロンフィルター67個セット『レッド』 油こし器 コスロン
調理後の油、何とかしたい コスロンなら使い方簡単 フィルターをセットして油を入れるだけで いつもきれいな油で気持ちよく使用でき 継ぎ足して捨てずに繰り返し使えて 経済的。




▲PageTopへ戻る