調理器具は手の延長・トップページ > 包丁(ほうちょう) > 包丁の材質は鋼かステンレスか?・手に馴染む包丁の選び方

包丁の材質は鋼かステンレスか?

鋼の包丁かステンレスの包丁か…どちらが良いの?

包丁の代表的な素材のステンレス。包丁の種類も選択肢ですが、その素材も、もちろん選択肢として検討する必要があります。

それぞれに一長一短があります。鋼とステンレスの特徴を簡単にまとめてみると・・・。

 ステンレス
良い点 切れ味が良い
研ぎやすい
切れ味長持ち
錆びにくい
悪い点 錆びやすい
磨耗しやすい
切れ味はややおとる
やや研ぎにくい
和 ・ 洋 和包丁のほとんどが鋼 洋包丁はほとんど
片刃が多い 両刃が多い

鋼は切れ味が良く、研ぎやすい反面、錆びやすいし、磨耗しやすいと言う欠点があります。また逆にステンレスは、切れ味が長持ちして錆び難い反面、鋼に比べて切れ味が落ちて、砥ぎ難いと言うことです。

鋼の包丁は、鋭くシャープな切れ味がある反面定期的に研ぐ必要があり、錆びやすいので取扱には手がかかると言えます。

ステンレスの包丁は、錆びにくいことが最大の魅力。毎日気軽に使用できて、いつまでも綺麗に保つことができると言えます。

こう考えるときちんとした手入れができるなら鋼の包丁メンテナンスの楽さをとるのであればステンレスの包丁をと言える部分がありますね。

これは素材と言う面での選択ですので実際は、普段作る料理のジャンルや扱う食材の種類によっても変わってくる部分があります。それも加味して選択する必要があります。

ちなみに、その2つの他にも材質はあります。今はいろいろな材質の包丁が開発をされていますが、中でも最近メジャーになってきたのがセラミックセラミック包丁は切れ味が良くて長持ちする反面、欠けやすいと言う欠点があります。

また専門家の話だと
ステンレスなら出来るだけ高価なもので鋼ならば程ほどの価格帯で家庭用には十分
とのことです。

これはまさしくお手入れの問題とリンクした話ですね。






Pick Up
油こし器 コスロンフィルター67個セット『レッド』 油こし器 コスロン
調理後の油、何とかしたい コスロンなら使い方簡単 フィルターをセットして油を入れるだけで いつもきれいな油で気持ちよく使用でき 継ぎ足して捨てずに繰り返し使えて 経済的。




▲PageTopへ戻る