調理器具は手の延長・トップページ > 包丁(ほうちょう) > 包丁の手入れ方法

包丁の手入れ方法

包丁の名品・有次さんでは、お手入れのことを「お世話をする」と言うそうです。

さらにお世話は毎日して、月に一回は砥いで、2〜3年に一回はプロに砥いでもらうと、使い癖や砥ぎ癖が直るそうです。ここまですれば愛着が本当に湧きますね。

使い終わった包丁の表面についている酸や塩分、水分、食材は錆びの原因になります。ですから、毎日綺麗に洗ってよく乾燥をさせることが大切です。また、良く洗ってから熱湯をかけて乾燥をさせると衛生的です。

【毎日の手入れ】

1・ナイロンたわしに台所用洗剤をつけて、包丁の刃をまな板につけてやや斜めにして洗います。反対側も同様に洗います。

2・包丁の背の部分をスポンジで挟むようにして洗います。

3・包丁を反対にして柄の部分を洗います。その後良く水洗いをして、水気をしっかりと拭き取ります。

【ワンランク上の毎日のお手入れ】

1・ナイロンたわしに粉末や液体のクレンザーと小量の水をつけて、まず平らな部分の汚れを磨き落とします。

2・刃の部分は手を切らないように注意しながら、刃先に向かって往復ではなく、一方向に磨きます。

3・刃の裏側も同様に磨いたら、柄の部分も磨きます。その後良く水洗いをして、水気をしっかりと拭き取ります。

このワンランク上のお手入れは、包丁に錆びがついてしまった場合にも使用できる方法です。






Pick Up
油こし器 コスロンフィルター67個セット『レッド』 油こし器 コスロン
調理後の油、何とかしたい コスロンなら使い方簡単 フィルターをセットして油を入れるだけで いつもきれいな油で気持ちよく使用でき 継ぎ足して捨てずに繰り返し使えて 経済的。




▲PageTopへ戻る